【質問22】歯を抜かなければならない状態とは?

セラミックの歯や予防歯科で白い歯に!見えない矯正歯科で美しい歯に!

横浜市JR関内駅徒歩1分。地下鉄伊勢佐木長者町徒歩3分。妊産婦歯科健診(マタニティー外来)セラミック(セレック)の白い歯が2時間でできる痛くない歯医者です。見えない矯正,訪問歯科,

妊婦,歯医者,子ども,

トップへ » 審美歯科ーオールセラミック、メタルボンド、ラミネートベニア » 歯医者さんに質問 » 【質問22】歯を抜かなければならない状態とは?

【質問22】歯を抜かなければならない状態とは?

【質問22】歯を抜かなければならない状態とは?

 

.....歯を抜かなければならない状態とは、、、

 

副院長
歯周病が進行しすぎて、顎の骨がなくなり、グラグラになってしまった状態や、虫歯が進行しすぎて根の奥の方まで到達し、全て削ると、根に穴が開いてしまう状態、あるいは削れたとしても深すぎて、顎の骨を削らないと歯型もとれないようなものや、根が短すぎるものなどです。しかし、絶対に抜かないといけないわけではありません。グラグラしていても炎症がなければ入れ歯の土台として使えるかもしれませんし、薄すぎる歯であっても補強したり、薄すぎても顎の骨を削って歯を出したりするなど、特殊な治療をすることである程度寿命を延ばすことができるかも知れません。ただし、これには、徹底したブラッシングが不可欠です。

page top へ

トップへ » 審美歯科ーオールセラミック、メタルボンド、ラミネートベニア » 歯医者さんに質問 » 【質問22】歯を抜かなければならない状態とは?