院内イメージ

2011年9月 « トップへ » 2011年11月

2011年10月 5日

【質問 15 】インプラントは一生、使えますか?

.....ンプラントに限らず、つめ物、かぶせ物でも、何らか手を加えた歯は、一生もつことはありません。

材料は必ず劣化していきます。インプラントも年に0.6mm位落ちてくると言われています。臨床応用されてから歴史が浅く、平均どれ位使える、というデータはありませんが、約二十年位だと思われます。あとは、歯科医の技術や患者さんご自身のお手入れによっても違ってきます。日頃のケアと定期検診は欠かさないようにしましょう。
page top へ

【質問 14 】どうして金属のインプラントと骨が結合するんですか?

.....んな金属でも骨と結合するわけではありません。1952年にスウェーデンの医師、ブローネマルク博士が、チタンと骨が結合することを発見しました。

インプラント体の表面に、厚い酸化膜と、ミクロの孔を設けることにより、骨とインプラントが直接結合します。これを「オッセオインテグレーション」といいます。この発見により、インプラントが実用化されました。
page top へ

【質問 13】インプラントの治療期間は、どのくらいかかりますか?

.....院では、ブローネマルク インプラント システムを導入し、手術2回法を行っています。

まず、インプラントをするには、詳しく体の状態や、顎の骨の状態を調べないといけません。血圧が高すぎたり、糖尿病がひどかったりすると、出血が止まらなかったり、傷が治りにくいなどというトラブルの原因になりますので、体調を整えることが必要です。それからレントゲンやCTにて、インプラント体と呼ばれる、歯の根の役割をするチタンのネジが、顎の骨の中に埋められるスペースがあるか調べます。場合によっては、骨を作る材料を埋めて、待つこともあります。全ての条件をクリアして、手術開始です。1回目の手術では、歯肉を切り、顎の骨に穴を開けて、インプラント体を埋めて、縫い合わせます。このインプラント体が顎の骨にくっつくまで個人差もありますが、上顎では約半年、下顎では4ヶ月位待ちます。インプラント体が顎にくっついたら、2回目の手術にて、中に埋まっているインプラント体の頭が見えるように歯肉を切っていき、かぶせ物との接合部を装着します。歯肉の状態が良くなったら型をとって、かぶせ物を作ります。ですから、でき上がるまで約半年から1年弱位かかることになります。
page top へ

2011年10月 4日

最先端歯科医療機器・ガリレオス・画像ツアー

最先端歯科医療機器・ガリレオス・画像ツアー

画像をクリックして、進んで下さい。

2011年10月 3日

JR京浜東北線関内駅南口からのご案内・徒歩1分です

太洋歯科クリニックまでの行き方

1枚目☞JR京浜東北線関内駅南口下車、徒歩約1分です
2枚目☞横断歩道を渡り、直進します
3枚目☞最初の十字路で右に曲がります
4枚目☞直進して、最初の交差点の手前右手の大洋ビルです。左手には「ふれあい横浜ホスピタル」です
5枚目☞大洋ビル左手のドアから入ります
6枚目☞階段を上り、2F右手が「太洋歯科クリニック」です
7枚目☞受付です
画像をクリックして、進んで下さい。

地下鉄線伊勢佐木長者町駅2番出口からのご案内・徒歩3分です

太洋歯科クリニックまでの行き方

1枚目☞地下鉄線伊勢佐木長者町駅2番出口、徒歩約3分です
2枚目☞大通り公園をJR関内駅に向かって直進します
3枚目☞直進します
4枚目☞万代町交差点を右折です。左手には「ふれあい横浜ホスピタル」があります
5枚目☞大洋ビル左手のドアから入ります
6枚目☞階段を上り、2F右手が「太洋歯科クリニック」です
7枚目☞受付です
画像をクリックして、進んで下さい。

歯科用最新歯科医療CT装置(ガリレオス)

10月
3
.....リレオスは、低被爆と高いクオリティーの画像が得られる。3D診断装置です。

最新歯科医療レントゲン
撮影範囲は直径15㎝の球体という広範囲。 これにより様々な画像を何回も撮影する必要がなくなります。 1回の撮影で、パノラマ画像、セファロ画像、横断スライス断面、立方体の詳細クローズアップ、 X線画像の全スライス面(軸位断、矢状断、冠状断)など、あらゆる画像が得られます。
これだけの範囲が撮影できるのもかかわらず、低被爆です。 撮影時間は14秒ほどですが、X線照射時間は2秒~6秒のため、1回の撮影で0.005~0.017mSv であり、医療CTが0.07~2mSvに比べはるかに低線量ですみます。 ちなみに、東京~NY 飛行機往復が0.2mSvです。
このCT装置は実に様々な治療に有用です。 今まで、二次元のレントゲンでは見えなかったものが、よく見えてきます。 胃はもちろんのこと、歯の根の形もよくわかりますから、虫歯や根の病気の診断にも役立ちます。 また、歯の生え方を予測することもできますので、お子さんの歯並びの改善、すなわち矯正治療 にも応用できます。
インプラントの診断にも優れていて、骨の量や、神経までの距離を調べたり、また特別開発の ソフトウェアにより、画像をマーキングし、実際にインプラントを入れた様な画像をたち上げ て、様々な方向から判断して、適切なインプラントを選択することができます。 そのデータをCDに焼き、ご自宅で見て頂くことも可能です。このように実に様々なシーンで 活用でき、幅広く治療を選択して頂くことができるのです。
ガリレオス画像1 ガリレオス画像2 ガリレオス画像3 ガリレオス画像4 ガリレオス画像5 ガリレオス画像6 ガリレオス画像7 ガリレオス画像8 ガリレオス画像9
画像をクリックして、進んで下さい。
page top へ

2011年9月 « トップへ » 2011年11月