インプラント治療の流れについて

セラミックの歯や予防歯科で白い歯に!見えない矯正歯科で美しい歯に!

横浜市JR関内駅徒歩1分。地下鉄伊勢佐木長者町徒歩3分。妊産婦歯科健診(マタニティー外来)セラミック(セレック)の白い歯が2時間でできる痛くない歯医者です。見えない矯正,訪問歯科,

妊婦,歯医者,子ども,

トップへ » 審美歯科ーオールセラミック、メタルボンド、ラミネートベニア » インプラントについて » インプラント治療の流れについて

インプラント治療の流れについて

●ステップ1:検査
最初に全身状態の診査、口腔内チェック、レントゲン検査を行います。

●ステップ2:前処理
口の中に、虫歯や歯周病があれば治療を行い、インプラント治療が行える口腔状態にします。

●ステップ3:人工歯根埋入
歯の根であるフィクスチャー(インプラント本体)を顎骨に埋入します。麻酔を使って手術を行うので、術中はほとんど痛みは感じません。

●ステップ4:治癒期間(※1ヶ月~6ヶ月)
骨とインプラントがしっかり結合されるまで待ちます。

※治療期間は骨の質などにより個人差があります。
※歯の無い箇所には、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

●ステップ5:アバットメントの連結
人工の歯の土台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャー(インプラント本体)に連結します。

●ステップ6:人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の型をとり、型に従い人工の歯を作製します
その後、インプラント体の上に冠を装着して完成です。

●ステップ7:メインテナンス
インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的なメインテナンスが不可欠です。
また、定期検診を受けていただきインプラントの状態を観察していきます。


トップへ » 審美歯科ーオールセラミック、メタルボンド、ラミネートベニア » インプラントについて » インプラント治療の流れについて