口内環境の悪化による肺炎から、多くの方が命を落としています

セラミックの歯や予防歯科で白い歯に!見えない矯正歯科で美しい歯に!

横浜市JR関内駅徒歩1分。地下鉄伊勢佐木長者町徒歩3分。妊産婦歯科健診(マタニティー外来)セラミック(セレック)の白い歯が2時間でできる痛くない歯医者です。見えない矯正,訪問歯科,

妊婦,歯医者,子ども,

トップへ » 口内環境の悪化による肺炎から、多くの方が命を落としています

口内環境の悪化による肺炎から、多くの方が命を落としています

日本大学歯学部が平成18年に調べたデータによると、要介護高齢者の死亡率の割合は、肺炎が33%。つまり、3人に1人は、肺炎で亡くなっている計算になります。
では、その肺炎の原因はなんなのでしょうか?
誤嚥性肺炎

主な原因となっているのが、口の中の細菌を含んだ唾液などが気道に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」と言われています。肺に入った細菌がそこで増えて炎症を起こし、肺炎になってしまうのです。つまり、口の中に細菌がいる場合、肺炎になるリスクが高いというわけです。

そこで当院では、経験を積んだスタッフによる、介護施設・在宅介護者の方々への往診治療や口腔ケアを行っています。現在、介護が必要な方が身近にいる方、ぜひ、お気軽にご相談ください。


トップへ » 口内環境の悪化による肺炎から、多くの方が命を落としています