セラミックの歯や予防歯科で白い歯に!見えない矯正歯科で美しい歯に!

横浜市JR関内駅徒歩1分。地下鉄伊勢佐木長者町徒歩3分。妊産婦歯科健診(マタニティー外来)セラミック(セレック)の白い歯が2時間でできる痛くない歯医者です。見えない矯正,訪問歯科,

妊婦,歯医者,子ども,

トップへ » 医院案内 »

院長 蕭 敬意 プロフィール


1990年日大歯学部を卒業し研修医となる。
大学で学んだものは、歯の直し方、生きる目的、学ぶ楽しさ、教える気持。 専門は、補綴学と顎関節、マウスピース、イビキ治療、義歯、ブリッジ、インプラント、CAD/CAM、など

 


1992年に当時ではまだ少なかったブローネマルクインプラントのライセンス習得。
東風先生に師事し、治療の基盤となる技術を学ぶ。
1994年太洋歯科クリニック開設
以降は、
(株)大洋システムテクノロジー監査役
(株)TPS監査役
横浜華銀監査役
学校法人横浜山手中華学校理事
日本大学歯学部(補綴科)兼任講師
ISCD学会CEREC専任トレーナー
日本臨床歯科CADCAM学会副会長
横浜市中区歯科医師会理事
横浜市歯科医師会 常任理事
横浜市在宅療養連携推進協議会委員
太洋歯科卓球部監督他を歴任

 

所属団体

日本補綴歯科学会
日本睡眠歯科学会
日本スポーツ歯科学会
日本臨床歯科CADCAM学会
臨床ゲノム研究会
日本歯科医師会
神奈川県歯科医師会
横浜市歯科医師会
INTERNATIONAL ROTARY CLUB

 

神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校:学校医

 

治療に対する考え方「安心・安全・快適」

2月
22
.....掛けてきたことは、患者さんに「安心・安全・快適な治療を提供すること」です。

院長
一人ひとりの方と十分にコミュニケーションを取りながら、患者さんが何を望んでいるのかを考え、その方にとってベストな提案を行うことが重要だと思っています。 医者は、幅広い知識や技術が要求される仕事です。 しかし、知識・技術さえあれば医療人は務まるか、といわれれば決してそうではありません。 それ以上に必要なのは「患者さんのことを考えること」ではないでしょうか。一人として同じ患者さんはいないのですから。 医療というものには、まず「理念」が先に立ち、「技術」がある。決して逆であってはなりません。これは、私が歯科医師として守り続けていることです。

歯科医師になったきっかけ

2月
22
.....でこそ歯科医として多くの患者さんを治療していますが、学生時代の将来の夢は「エンジニア」。

院長
高校時代、コンピュータに興味を持っていた私は、理工学部に進学するつもりでした。 しかし、両親から提示された選択肢は、医者か歯医者。当時、血を見るのも苦手だった私は、歯学部に進学します。正直なところ、入学後しばらくはエンジニアへの思いを拭いきれませんでした。 そのころの私は、技術を学び取ることが医療だと考えていました。当時の私はどこかで、「医療は学業」と捉え始めていたのです。 しかし、そんな私に転機が訪れます。インターン生として、ある患者さんの担当になったときのことでした。

医療人としての信念が芽生えたあるエピソード

2月
22
.....の方は、入れ歯に対して強いこだわりを持っていることで有名な、ある女性の患者さん。

院長
ある時、私はその患者さんの入れ歯の製作を任されることになります。 突然のことでしたが、持てる技術を最大限に生かし、入れ歯を作りました。 数日後に突然、院内放送で私が診療室に呼ばれました。 なんだろうと、いぶかしく思いながら診療室に入ると、そこには診療台に座るその患者さんの姿が。 私は思わず、背筋が凍りついてしまいました。 「もしかして、作った入れ歯が合わなくて叱られるのかも」と思いました。 しかし、そのとき彼女から出てきた言葉は、「ありがとう」 の一言でした。 訊けば、今回私が製作した入れ歯がとてもシックリしていて、噛みやすくて、それでどうしても直接お礼を言いたかったということでした。 この「ありがとう」がきっかけとなり、私の考えはガラリと変わります。

患者さんからの「ありがとう」が、私の治療の原点

2月
22
.....女の一言は、当時の私にとって、まさに「目からうろこ」でした。

院長
それまでの私は、技術や知識を学び取ることが、医療人の目的だと考えていました。しかし、彼女からの感謝の言葉が、 「歯科医にとって重要なのは、患者さんの役に立つことである」 と、私に教えてくれたのです。 「学業としての医療」 ではなく、 「歯科医としての医療」 を行うことが、私たちのあるべき姿であると悟った瞬間でした。 あの一言のおかげで、今でも歯医者を続けているといっても過言ではありません。 だからこそ、どんな治療も徹底した分析を行い、よい結果が保証されたものでなければ、患者さんにはオススメしません。 決して医学的な理想だけを追求せず、まず患者さんから感謝されることが本来の姿であると、その患者さんから教わったと思っています。 もし、あなたが歯のことでお悩みなら、ぜひ一度当院までご相談ください。 私たちは患者さんの立場に立ちながら、レベルの高い歯科治療のご提供をお約束いたします。

トップへ » 医院案内 »